- ブログ一記事 -

2023.10.16

アプリ解説

ライバーと視聴者のつながり

TikTokでは、ライバーと視聴者の間に強い繋がりが生まれます。リアルタイムの交流が楽しめるライブ配信を中心に、SNSを通じた日常的な関係づくりが活発化しています。ここでは、TikTokにおけるライバーと視聴者の繋がり方を具体例とともに解説します。

ライブ配信での交流

TikTokのライブ配信では、ライバーと視聴者がコメントを通じてリアルタイムに交流が楽しめます。ライバーが視聴者の名前を呼んだり、コメントに返信したりすることで、個人的な繋がりが生まれます。友達感覚での関係を築けるのが魅力です。

例えば、歌のライブ配信であれば、リクエストした視聴者に個別に感謝の言葉を送ったり、名前を呼んであげたりすることができます。視聴者も喜んでくれるでしょう。

SNSでの日常的な交流

ライブ以外にも、TikTokやInstagramなどのSNSを通じて日常的に交流が行われます。ライバーがInstagramのストーリーで日常を紹介したり、視聴者との質問箱を設けたりすることで、より身近な存在感が生まれます。

例えば、旅行中の景色を写真付きでシェアしたり、視聴者からの日頃の疑問に回答するコーナーを設けるのが典型的なパターンです。ライバーの人となりに親しみを感じられる機会となります。

オフラインイベントでの交流

また、対面型のオフラインイベントを開催することで、リアルな交流の機会も提供されます。握手会やサイン会を開くことで、ライバーと視聴者の絆は一層強固なものとなります。

例えば、ライブ会場での握手会や、カフェでのサイン会などを定期的に開催することができます。ライバーと実際に接することができる貴重な機会となるでしょう。

まとめ

このように、TikTokではライブを中心に、SNSやリアルイベントも組み合わせることで、ライバーと視聴者の強固な繋がりが構築されています。視聴者思いの姿勢が信頼を集めるのかもしれません。TikTokがもたらす新たなコミュニティのあり方が感じられます。

最後に

ライバー事務所 Traumでは、「ライバー」の募集をしています。

100%バックの報酬制度、配信企画サポートや動画編集マニュアルの共有などあらゆるサポートを行っております。

✔️所属ライバー限定のマニュアルの共有

✔️TikTokなどの動画編集のサポート

✔️Traum独自のボーナス

✔️ライバー独立支援制度

✔️公式LINEでの24時間サポート

✔️初期費用・登録料なし

✔️面倒な税務上のサポート

✔️顧問弁護士のトラブル対応

上記以外にもまだまだあります。お気軽にお問い合わせください

稼ぐために学びたい方など、ライブ配信に意欲的なライバーの方々の活動をサポートします。

お気軽にお問い合わせください。

↓↓↓今すぐLINE応募する!↓↓↓

友だち追加
一覧へ戻る